男性の体臭と女性の体臭の違い

体臭の原因と対策

男女を問わず、自分の体臭に悩む人は多いものです。ここでは、そんな体臭の原因について説明します。

体臭の原因としてまず第一に挙げられるのは、菌によるものです。体から分泌された皮脂に空気中の常在菌がついて繁殖したもので、靴や靴下の臭いはこれに当たります。

次に原因となるのが、汗によるものです。人は誰しも汗をかきます。健康な体から流れ出る汗は、サラサラとして臭いを発することはほとんどありません。

しかし、病気や生活習慣の乱れから体調が乱れると汗がドロドロしたものになり、悪臭を放つようになるのです。

また、よく知られているものにワキガ臭というものがあります。これは人の脇にあるアポクリン腺という分泌器官から出される汗から発せられる臭いです。アポクリン腺の数は生まれつき決まっており、そのためワキガ臭が出る人と出ない人とがいます。

そして近年知られるようになったものに、加齢臭というものがあります。これは老化による活性酸素の働きで、細胞が酸化することによって臭いを放つようになるものです。

なぜ加齢臭がするようになるの?

加齢臭は、一番には生活習慣によるものが原因とされています。

中年になると若い時のように筋肉も弾力性がなくなって、疲れやすくなります。少しでも疲れを取ろうとか、癒しの時間が欲しいと思ってお酒を飲んだり、ジムできついトレーニングをしたりして汗を流すので、かえって体が臭くなります。

お風呂に入って体をきれいにしても、生活サイクルの関係で汗を積極的に出して快感を得るような毎日を繰り返していると、悪循環となります。

対策としては、いかに体の中の活性酸素を少なくするかを考えて行動することです。活性酸素が増えると体の中が錆びついてしまい、加齢臭がひどくなってしまいます。

そのために、激しい運動は控えて楽しいと思えるようなペースでのウォーキングを毎日続けることを日課にするとか、野菜をよく食べて、魚と肉を半々、バランス良く食べて早寝早起きをこころがけ、水を適量飲めば自然と体の中の血行が良くなって元気な体になり、加齢臭もなくなってきます。

体臭対策グッズにはどんなものがあるの?

ここまで説明してきた体臭の原因と対策は理解できましたでしょうか?根本的な対策の中には治療が必要なケースもありますが、手軽に体臭を改善するグッズもいろいろあります。

簡単にできる方法としては、体そのものに使うグッズではなく、衣服に使う物があげられます。人は基本的に衣服を着て生活しているため、衣服の中で吸い取った汗を栄養にして細菌が繁殖してしまうため、臭いがきつくなります。

その対策としては、ヌーラビオという抗菌消臭剤を衣服にスプレーしておくと、臭いの元となる菌の細胞壁に傷がついて菌がここに繁殖してはダメだと危険信号を発します。

次の対策としては、体臭予防に良い食べ物を取り入れることであり、梅干しや生姜などは殺菌効果がありますので体内からの臭いをシャットアウトします。ホウレンソウなどの野菜は、腸内環境を良くして臭いをシャットアウトします。納豆や大豆などのイソフラボンを多く含む食品も、体臭対策の効果があります。

このように、体臭改善には、臭いを体内からシャットアウトしてくれるグッズや、悪臭を予防してくれる食べ物を上手に摂り入れるのがベストです。これらの対策をしつつ、臭いの元を根本から断つケアや治療などを行っていくと良いでしょう。