足の匂いの原因と効果的な対策方法

足の匂いの原因と効果的な対策方法

職場の飲み会の会場がお座敷だった時、靴を脱いだ足が臭くないか心配になる事ってありませんか?

また、家族の靴下が強烈に臭っていたりなんて事もありますね。その原因は、足から分泌される汗や皮脂、その他の汚れに菌が繁殖してニオイの原因を作ってしまうからなんです。

足を臭くしないためにはどう対処したら良いのか、ここで紹介したいと思います。

足のニオイの原因はイソ吉草酸という物質

人間はパンプスや革靴など、通気性の悪い靴を履く生き物です。なので、足の裏に汗をかきやすく、またその湿気がこもりやすいんですね。

汗には湿気のほかに脂肪も含まれており、それを栄養にして菌がさらに繁殖し、ニオイの原因を作り出すので足が臭くなってしまうんです。

そのニオイの原因物質は3-メチルブタン酸、別命イソ吉草酸と呼ばれるもので、刺激臭があるので悪臭防止法に指定されている成分でもあるんですね。

足のニオイを減らす靴の工夫

本来、足に湿気がこもらない通気性の良い靴を履くのが足のニオイ対策に有効です。ただ、職業柄靴を選べない人もいますよね。

なので、革靴などを履くお仕事の人は、2足以上靴を用意して交互に履き替える事で靴の中をしっかり乾燥させると良いでしょう。

また、靴を脱いだらファブリーズやリセッシュのような消臭剤をスプレーするのもオススメです。今だと携帯用の小さなボトルもあるので便利ですよ。

どうしても足の裏に汗をかきやすい人は、靴下をこまめに取り替えるのも良いですね。それだけでも湿気がこもらないので、足のニオイを抑える事ができます。

活性炭など消臭剤が入っていたり、通気性の良いメッシュ素材の中敷も靴に入れておけば完璧ですね。

もちろん、足をきれいに洗って清潔にしておく事も基本中の基本です。柿渋やカテキン入りの消臭石鹸を使うのも良いでしょう。

デオドラントなど足のニオイ対策グッズも

さらに、イソ吉草酸は水よりもアルコールなどに溶けやすい性質があるため、アルコールを含むウェットティッシュやデオドラントシートで足の裏を拭くのも有効です。

また、ニオイの菌を増やさないために塗る、殺菌成分のあるデオドラントも便利ですね。スプレータイプよりもクリームやジェルタイプのほうが長持ちするのでオススメです。

ただ、足の裏や指が異常に臭い場合は水虫などの皮膚病、汗が止まらない場合は多汗症など病気になっている可能性もあります。

きちんと清潔にしてニオイ対策をしてもダメな場合は、一度皮膚科を受診してみると良いかも知れません。

加齢臭の悩みはこれで解決!対策方法まとめ

加齢臭の悩みはこれで解決!対策方法まとめ

TVのバラエティで「加齢臭させてるオヤジってイヤよね」というコメントが出ると、ドキッとする事はありませんか?

年齢を重ねると、男性も女性もホルモンのバランスが変化して、皮脂の分泌量が増えてしまいます。その皮脂が酸化する事でするニオイをノネナール臭といい、これが加齢臭なんですね。

年齢が原因ではありますが、加齢臭をサッパリさせる方法ありますので紹介したいと思います。

シャンプーや洗い方を変えてみる

実は、頭皮は顔や体よりも皮脂の分泌が活発な部位です。だから、加齢臭が強烈になりやすいんですね。

しかし、毎日シャンプーしていても臭くなってしまう事があります。あまりにシャンプーの洗浄力が高すぎて頭皮が乾燥する事で、それを補おうと頭皮が追加で油を出し始めてしまうんですね。

そうなると、頭皮はベタベタに、酸化した油は加齢臭を放つようになってしまうんです。

これに対策するには、とにかく頭皮を乾燥させない事です。洗浄力の優しいアミノ酸やベタイン系シャンプーで洗って、頭皮をいたわってあげて下さいね。

もちろん、頭皮を不潔にするのはもってのほかです。きちんとシャンプーして乾かし、ブラッシングもするようにしたいですね。

消臭作用のある石鹸で体を洗うのも有効

あとは、体のニオイを抑える事も重要です。柿渋のタンニンやお茶のカテキン入りの石鹸は体臭を消してくれる作用があるので、毎日のお風呂で使ってみるのも良いですね。

ここでポイントなのが、使うのは液体のボディソープではなく固形石鹸がオススメという点です。

ボディソープは発泡剤と界面活性剤を混ぜた化学物質なため、洗浄力が高すぎるんです。頭皮の時と同じように、油を落としすぎてそれを補うためにより多くの皮脂が分泌されて臭くなる現象が起こります。

その点、石鹸は洗浄力がマイルドなのでニオイの悪循環にはまらずに済むんですね。ぜひ、昔ながらの固形石鹸で体を洗いましょう。

ニオイのある食べ物に注意しよう

ほかにもニオイの原因になるのが、お酒やタバコ、ニンニク、ニラなどのニオイのある食べ物です。

ブレスケアにようなもので口の中をケアしても、全身の毛穴からニオイが染み出してしまいます。これがなんとなく嫌なニオイにつながる事もあるんですね。

人と会う前にニオイのあるものを食べない、タバコを控えるなど体内からニオイ対策する事も大切です。

清潔感のある素敵な中年になるために、ニオイ対策は万全にしていきましょう。

ワキ汗も体臭のもと!?ワキ汗を防ぐ方法

ワキ汗も体臭のもと!?ワキ汗を防ぐ方法

電車でつり革を握る時ハラハラするのが、ワキ汗の心配ですよね。グレーの服を着ると、くっきり汗染みがワキにできて泣きたくなったなんて人もいるかも知れません。

そのまま汗がニオイになってしまうのも嫌ですよね。そこで、ワキ汗とニオイを防ぐ方法を紹介したいと思います。

ワキ汗を抑えるツボを押す

まず、出先で「ワキに汗かいてきたかも、どうしよう?」と思った時に便利なのが汗を抑えるツボです。

ワキの下にある大包と、胸と腕の付け根あたりにあると屋翳という場所ですね。はっきり場所がわからない場合でも、胸の上あたり、ワキの下を刺激すれば汗が収まるツボです。

胸やワキを触れない状態の場合は、手の小指の真下あたりの手の平を刺激してみましょう。熱を逃がす後谿というツボがあるので、ワキ汗を抑えるのに良い場所です。ピンチの時に覚えておきたいツボですね。

デオドラントで汗を減らす方法も

そして、次に大事なのがデオドラントです。パラフェノールスルホン酸亜鉛という成分配合のものを選ぶと、汗腺にフタをするように汗を抑える作用があるんですね。

制汗剤やデオドラントというとスプレータイプが一般的ですが、オススメは水分で流されにくいロールオンやクリームタイプです。

そのほうがパラフェノールスルホン酸亜鉛の作用も長持ちしますので、ワキ汗対策にピッタリなんですね。

特にクリームタイプは油分配合なので、肌を保湿する作用がありワキのスキンケアにも良い作用があります。

そして、実はワキが乾燥しすぎると、皮脂を過剰分泌して皮膚を守ろうとするため、かえってワキが臭くなりがちになります。その点、油分のあるクリームタイプのデオドラントはワキのニオイ対策にも最高と言えるんですね。

つまり、ワキ汗やニオイに悩んでいるなら、パラフェノールスルホン酸亜鉛配合でクリームタイプのデオドラントが1番オススメですよ。

汗ワキパッドを使う方法も

あと、体質的に体調の汗をかきやすい人は、汗をかいてしまう事を前提に汗ワキパッドを使うのも良い方法です。

できれば使い捨てのタイプで、汗で濡れたらナプキンのように取り替えるとニオイも汗染みも気になりません。

洗って使うタイプや肌に直接貼り付けるものもありますが、洗うタイプはこまめに変えにくいですし洗う手間があります。そして、直接貼るタイプは肌荒れになりやすいのであまりオススメできません。

汗脇パッドは使い捨てタイプで、汗をかいたら変えてさっぱり過ごすほうが良いですね。

このように、ツボ押しとデオドラント、汗脇パッドを併用すればかなり夏も快適に過ごせるようになるでしょう。

偏った食生活が体臭の原因になるって本当?

なんとなく脂くさくて酸っぱいあのいやな体臭、いったいどうしてこんなニオイになっちゃったのかと思うひと、いますよね?

もともと体臭のきついワキガ体質のひともいますが、何より食生活の影響が濃いみたいです。脂っこいものを食べ過ぎると皮脂の分泌が増えすぎてそれが酸化して加齢臭のようなニオイになったり、たんぱく質をとりすぎるとアンモニアや硫化水素の原料になってしまい、あの酸っぱいニオイの原因になるのだそう。

脂肪の多いお肉やバター、ほかにもスナック菓子や生クリームたっぷりのケーキなども要注意です。皮脂が酸化するのを抑えるためには脂をとりすぎないほかに、抗酸化作用のある食べ物をこまめに食べるのも効果的です。チョコレートやナッツ類、アボカドや海藻などを心がけて食べるようにしましょう。

たんぱく質に偏った食生活も体臭の原因ですが、問題は上手にたんぱく質を代謝できていない体にある場合も多いみたいです。ビタミンB群のサプリメントを取り入れてたんぱく質の代謝を助けたり、適度に運動してたんぱく質を上手に代謝させて体臭を抑えましょう。

1日20〜30分の有酸素運動は体の代謝を良くして体臭を抑えるので、習慣にできるといいですね。お風呂にゆっくり浸かるもの代謝を高めるのに効果的です。あとヨーグルトなどを食べて乳酸菌など善玉菌を腸に増やすと、ニオイのもとを素早く消化・排出できるようになり、代謝も良くなるので体臭が改善する場合もあるみたいですね。

また、タバコ・アルコール・ニンニク・ニラ・キムチなどのニオイがきつい食べ物なども体臭に直結してしまいます。口からニオイのきついものが入ると、それが消化されたり肺から吸収されて、ニオイ成分が血液に流れ出します。血液に溶けたニオイ成分は全身を駆け回って毛穴から臭いニオイを出すようになってしまうのだとか。

でもニンニク料理やお酒などは、ストレスを解消して人間関係を円滑にしてくれるものですので全く食べない飲まないというのも寂しいですよね。

ニオイのきつい食べ物を食べたら早く排出できるよう、食物繊維や水分をたっぷりとって、ニオイ物質が余分に血液に行かないよう対策しましょう。

お酒ならウコンなどのサプリメントで肝臓をバックアップして、アルコールの分解を早めて臭くなる前に体から排出するようにしましょう。

体臭対策にはお酒を飲んだあとに、ウコンを飲むのがオススメです。今はカシスオレンジ味なども出ているので、デザート感覚で持ち歩いてもいいですね。

体臭を抑えるためにはビタミンや繊維質など、バランスのよい食事が大切です。人間の細胞は3ヶ月でほぼ全てが入れ替わると言われています。食べたもので体が出来ているのですから、偏った食生活が病気や体臭の原因になってしまうのはある意味仕方のない結果かも知れませんね。

ストレスなどもホルモンのバランスを崩して皮脂の分泌を過剰にしてしまうので、ゆったり過ごす時間を作るのも体臭対策には大切です。心地よく生活の質を高めることが、結果的に体臭予防につながるんですね。

女性の体臭の原因は?

体臭といえば夏の汗臭さですが、冬は換気ができなくてニオイがこもる事、多いですよね。電車とか正直「ああ、このひとのコートが臭い…マフラーも変なニオイしてる…」ってことがあります。

体臭と言ってもいろいろで、まず衣類にタバコや皮脂、汗汚れが残っていることで臭くなっちゃうことが多いのだそう。着ているときは自分のニオイに慣れて気にならないかもしれませんが、実はニオっているんですね・・・。特に皮脂はニオイの原因で、酸化するとあの加齢臭やワキガのいやなニオイの原因になります。

コートやマフラーにこまめにファブリーズやリセッシュのような消臭剤を吹き付けるのが冬のニオイ対策の応急処置ですね。これだけでもかなりニオイは消えます。

一番いいのはクリーニングですが、なかなか高くて出す気になれないひとは、あくまで自己責任ですが家でコートの手洗いをしてもいいですね。お風呂場などで、おしゃれ着用洗剤を入れた水で手洗いして、形をしっかり整えて干すとニオイが驚くほどスッキリしますよ。好きな香りの柔軟剤を使ってもいいですね。

ちょっと意外かも知れませんが、コートやおしゃれ着のクリーニングでよくあるドライクリーニングでは皮脂や汗のあの酸っぱいニオイは落ちにくいと言われているんです。特に汗のニオイはドライクリーニングの洗剤には溶けず、水には溶ける性質を持っています。腋だけでも水と洗剤で洗うと、かなりニオイが落ちるひともいるんですね。

あと体そのものが臭うのはストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れていて、皮脂を過剰に分泌してそれが酸化していることがよくあると言われています。ストレスをためず、適度に運動して、よく睡眠をとるとホルモンバランスが整って体臭が改善することはよくあると言われているんですね。

あとはお酒やタバコやニンニクなど、体臭の原因になるニオイのきついものを口にすると、口臭だけでなく、毛穴から臭くなってしまいます。食べたものは消化され、血液に取り込まれるので体全身にニオイの原因物質が巡って臭くなるんですね。

できるだけニオイの原因になるようなものを口にしない、した場合はなるべく早く体外に出すように、食物繊維や水分をとって排出するなどの工夫をしたいですね。

あと女性にありがちなのが香水や化粧品、洗濯柔軟剤の使いすぎによるきつい体臭です。本人は香りに慣れきっていますが、他のひとにすれば臭い!ということはよくあるんですね。つける分量を決めておく、周りのひとに香りの強さを確認してもらうなど工夫しましょう。

加齢臭をはじめ体臭は男性のものとおもわれがちですが、女性も油断すると臭くなりがちです。気をつけたいですね。

もともと体臭がきついワキガ体質のひともいますので、気になって仕方ないひとは病院で診察してもらうのもいいですね。今は日帰りで受けられる治療も多いみたいなので、自分はワキガかも・・・と思ったら皮膚科か美容外科に行ってみてもいいかも知れません。

白い洋服のワキが黄ばむ、ワキ毛が濃い、白い粉がつくなどがあればワキガを疑ってみましょう。

ワキのニオイにはデオドラントを使うのも有効と言われていて、スプレータイプよりも塗るタイプがモチが良いみたいです。夏に向けて買いたいですね。