足の匂いの原因と効果的な対策方法

足の匂いの原因と効果的な対策方法

職場の飲み会の会場がお座敷だった時、靴を脱いだ足が臭くないか心配になる事ってありませんか?

また、家族の靴下が強烈に臭っていたりなんて事もありますね。その原因は、足から分泌される汗や皮脂、その他の汚れに菌が繁殖してニオイの原因を作ってしまうからなんです。

足を臭くしないためにはどう対処したら良いのか、ここで紹介したいと思います。

足のニオイの原因はイソ吉草酸という物質

人間はパンプスや革靴など、通気性の悪い靴を履く生き物です。なので、足の裏に汗をかきやすく、またその湿気がこもりやすいんですね。

汗には湿気のほかに脂肪も含まれており、それを栄養にして菌がさらに繁殖し、ニオイの原因を作り出すので足が臭くなってしまうんです。

そのニオイの原因物質は3-メチルブタン酸、別命イソ吉草酸と呼ばれるもので、刺激臭があるので悪臭防止法に指定されている成分でもあるんですね。

足のニオイを減らす靴の工夫

本来、足に湿気がこもらない通気性の良い靴を履くのが足のニオイ対策に有効です。ただ、職業柄靴を選べない人もいますよね。

なので、革靴などを履くお仕事の人は、2足以上靴を用意して交互に履き替える事で靴の中をしっかり乾燥させると良いでしょう。

また、靴を脱いだらファブリーズやリセッシュのような消臭剤をスプレーするのもオススメです。今だと携帯用の小さなボトルもあるので便利ですよ。

どうしても足の裏に汗をかきやすい人は、靴下をこまめに取り替えるのも良いですね。それだけでも湿気がこもらないので、足のニオイを抑える事ができます。

活性炭など消臭剤が入っていたり、通気性の良いメッシュ素材の中敷も靴に入れておけば完璧ですね。

もちろん、足をきれいに洗って清潔にしておく事も基本中の基本です。柿渋やカテキン入りの消臭石鹸を使うのも良いでしょう。

デオドラントなど足のニオイ対策グッズも

さらに、イソ吉草酸は水よりもアルコールなどに溶けやすい性質があるため、アルコールを含むウェットティッシュやデオドラントシートで足の裏を拭くのも有効です。

また、ニオイの菌を増やさないために塗る、殺菌成分のあるデオドラントも便利ですね。スプレータイプよりもクリームやジェルタイプのほうが長持ちするのでオススメです。

ただ、足の裏や指が異常に臭い場合は水虫などの皮膚病、汗が止まらない場合は多汗症など病気になっている可能性もあります。

きちんと清潔にしてニオイ対策をしてもダメな場合は、一度皮膚科を受診してみると良いかも知れません。