女性の体臭の原因は?

体臭といえば夏の汗臭さですが、冬は換気ができなくてニオイがこもる事、多いですよね。電車とか正直「ああ、このひとのコートが臭い…マフラーも変なニオイしてる…」ってことがあります。

体臭と言ってもいろいろで、まず衣類にタバコや皮脂、汗汚れが残っていることで臭くなっちゃうことが多いのだそう。着ているときは自分のニオイに慣れて気にならないかもしれませんが、実はニオっているんですね・・・。特に皮脂はニオイの原因で、酸化するとあの加齢臭やワキガのいやなニオイの原因になります。

コートやマフラーにこまめにファブリーズやリセッシュのような消臭剤を吹き付けるのが冬のニオイ対策の応急処置ですね。これだけでもかなりニオイは消えます。

一番いいのはクリーニングですが、なかなか高くて出す気になれないひとは、あくまで自己責任ですが家でコートの手洗いをしてもいいですね。お風呂場などで、おしゃれ着用洗剤を入れた水で手洗いして、形をしっかり整えて干すとニオイが驚くほどスッキリしますよ。好きな香りの柔軟剤を使ってもいいですね。

ちょっと意外かも知れませんが、コートやおしゃれ着のクリーニングでよくあるドライクリーニングでは皮脂や汗のあの酸っぱいニオイは落ちにくいと言われているんです。特に汗のニオイはドライクリーニングの洗剤には溶けず、水には溶ける性質を持っています。腋だけでも水と洗剤で洗うと、かなりニオイが落ちるひともいるんですね。

あと体そのものが臭うのはストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れていて、皮脂を過剰に分泌してそれが酸化していることがよくあると言われています。ストレスをためず、適度に運動して、よく睡眠をとるとホルモンバランスが整って体臭が改善することはよくあると言われているんですね。

あとはお酒やタバコやニンニクなど、体臭の原因になるニオイのきついものを口にすると、口臭だけでなく、毛穴から臭くなってしまいます。食べたものは消化され、血液に取り込まれるので体全身にニオイの原因物質が巡って臭くなるんですね。

できるだけニオイの原因になるようなものを口にしない、した場合はなるべく早く体外に出すように、食物繊維や水分をとって排出するなどの工夫をしたいですね。

あと女性にありがちなのが香水や化粧品、洗濯柔軟剤の使いすぎによるきつい体臭です。本人は香りに慣れきっていますが、他のひとにすれば臭い!ということはよくあるんですね。つける分量を決めておく、周りのひとに香りの強さを確認してもらうなど工夫しましょう。

加齢臭をはじめ体臭は男性のものとおもわれがちですが、女性も油断すると臭くなりがちです。気をつけたいですね。

もともと体臭がきついワキガ体質のひともいますので、気になって仕方ないひとは病院で診察してもらうのもいいですね。今は日帰りで受けられる治療も多いみたいなので、自分はワキガかも・・・と思ったら皮膚科か美容外科に行ってみてもいいかも知れません。

白い洋服のワキが黄ばむ、ワキ毛が濃い、白い粉がつくなどがあればワキガを疑ってみましょう。

ワキのニオイにはデオドラントを使うのも有効と言われていて、スプレータイプよりも塗るタイプがモチが良いみたいです。夏に向けて買いたいですね。